人財バンクLOGO

  1. Home>
  2. 経理の派遣を希望する時に必要なのは資格?経験?

経理の派遣を希望する時に必要なのは資格?経験?

2018/12/20(木)

働き方を選べる時代になってから日本の雇用形態は大きく変化をし続けており、ブランクがあっても働ける仕事や、資格が絶対に必要になる仕事など、幅広い分野で人材の育成と確保が課題となっています。

その中でも「経理」の仕事は企業からの求人も一定数が見込まれている職種で、コツコツと実直に仕事に従事できる人材の確保が急がれています。

 

派遣で経理の仕事を希望する時に重視されるポイントは?

 

経理と一言で言っても、月々の給与の計算から経費の精算、あるいは取引先との収支の計算など、会社を縁の下で支える地道な努力が評価される職種です。

内容は企業によって異なりますが、根本的にはお金の流れを把握し、どういう種類のお金なのかを理解して作業をしていけることが経理の仕事を進めていく上での大前提となります。

 

派遣で求人がある中には経験者でなければならないものから未経験でも可能なものまであり、その違いには求められている管理能力と事務処理能力の違いに大きな差があると考えておきましょう。

 

<経理の仕事に有利な資格はどんなものがある?>

 

・日商簿記

全くの経理初心者でも取得を目指すことができるのは日商簿記3級です。

かといって、求人の決め手になるのは2級以上としている企業が多くみられるので、未経験でも採用の目安になるかというと現実的には難しいところです。

しかしながら、資格のために学んでおくその過程が経理の仕事に携わる上で役に立つ知識を身につけられる、メリットもあります。

2級では原価計算、1級になると会計学が必要となり、専門的な勉強が必要不可欠になる分野であり、2級以上の資格を持っていると有利と言えそうです。

 

(商業高校在籍時に全商簿記というものを取得しているケースもあるかと思いますが、難易度としては日商簿記の方が高く評価されることがほとんどです。)

 

・マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

マイクロソフト オフィスの5科目の利用スキルが証明される資格で、経理の仕事をするにあたり持っていると有利なのは利用頻度が高いEkcelのスペシャリストやエキスパートです。

この資格は、客観的にパソコンのスキルが高いことを証明してくれるものであり、経理の分野だけでなく他の職種においても高く評価されることがあります。

他の4科目(WordPowerPointAccessOutlook)においても試験が設定されており、世界的に通用する資格と言えます。


・給与計算実務能力検定

経理の仕事は給与の計算も重要な仕事の一つですが、計算に専門知識が必要となるのは所得税の他にも健康保険、厚生年金保険、労働者災害補償、雇用保険などがあります。

給与計算実務能力検定には2級と1級があり、資格を持っていると雇用形態のステップアップも見込める有利な資格となり、最終的には社労士などへの転職を視野に入れたい時にも生かされます。

 

・ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナーは計算に特化せず、お金の運用の仕方や将来的に想定しておくべきお金の話など、お金に関する幅広い知識を身につけられる資格です。

経理だけでなく、保険会社や不動産会社、銀行などでも有利な資格となります。

国家資格と民間資格がありますが、民間資格は国家資格でありFP2級を取得してからでないと受験資格がありませんので注意しましょう。

 

・経理・財務スキル検定(FASS検定)

経済産業省が委託する日本CFO協会が運営している、経理と財務に従事する人材の育成を目的とした検定であり、英語版も実施されています。

企業の経理部や税理士法人での経理エキスパートとしての人材として歓迎されているだけではなく、企業内で社員全員に取得を意識させてビジネスを経営目線で考えて実務に繋げられる効果を得られることから、注目されている資格です。

 

資格取得に向けて注意するべきポイントは?

 

経理の派遣から正社員を目指す、または専門知識を武器に高い給与を得るなど、資格の意義は様々です。

しかし取得したのに実務経験も無いと就業できない、または記載している資格と違っていたなど、せっかくの努力が無駄にならないように事前にどの資格が必要となっているのか確認しておくことが大切です。

 

また、今の自分の能力や知識からあまりにものかけ離れた資格取得を目指すと、取得にも時間がかかり肝心の就業ができなくては持ち腐れになってしまいます。

自分に見合ったレベルの資格から目指すということも忘れずに。

 

経理の仕事を希望する時に資格は絶対に無くてはならないもの?

 

経理は事務職と比較すると専門性が高いことからどうしても資格が必要に思われがちな職種です。

しかし、資格よりもさらに重視されているのが実務経験の有無と期間です。

それは、会社というものには必ず決算があり、年間を通してお金の流れを算出したことがある人材であれば、資格が無くても即戦力として十分に対応していけるでしょう。

 

これから経理の仕事をしてみたいと思っている人であれば、まずは簡単な簿記やFPの資格取得からスタートして、未経験でも可能な経理の実務を積み、今後活躍の場を広げることも期待されています。

京都税理士法人
社会保険労務士法人 江後経営
株式会社江後経営
関西経友会事業協同組合