人財バンクLOGO

  1. Home>
  2. 無期雇用派遣について

無期雇用派遣について

2019/06/17(月)

無期雇用派遣をご存知でしょうか。労働者派遣法の改正に伴い、今、派遣社員やパートタイム労働者などの有期雇用労働者へ、多くの企業で雇用契約の対応が求められています。

この無期雇用派遣について解説します。

 

無期雇用派遣とは

 

無期雇用派遣とは、定めのない派遣社員のことです。派遣社員には2種類の派遣形態があります。登録型派遣と常用型派遣です。無期雇用派遣は常用型派遣に含まれます。

 

〇登録型派遣:派遣会社に登録して、そこで紹介された派遣先と雇用契約を結びます。期間が終わると労働契約は終了します。よって給与は働いていた期間のみ支払われることになります。

 

〇常用型派遣:派遣会社と雇用契約を結んで派遣先で働く形式です。つまり、派遣会社の社員として派遣先で勤務する形態です。ただし正社員ではありません。あくまで雇用契約は派遣元の会社と結び、その期間が無期ということです。

 

正社員と無期雇用派遣の違い

 

期間の定めがない雇用契約となると、「正社員」と思われがちですが、正社員とは異なります。あくまで派遣社員。就業先は派遣会社ではなく派遣先です。

待遇は、基本的に、給与は時給制、交通費は支給あり(ない場合もある)、ボーナスや昇給は基本なし、住宅手当はなし、残業は基本なしか少なめ、福利厚生は社会保険完備、有給あり。このようになっています。雇用期間以外は登録型派遣と変化がない場合がほとんどです。

ただ、場合によっては正社員並みの待遇が受けられるケースもあるので、自分はどのような待遇なのか契約の際に確認してみましょう。

 

無期雇用派遣のメリット

 

無期雇用派遣のメリットは下記が挙げられます。

①雇用を派遣先に保証してもらえる

今の派遣先の仕事が終了しても、派遣先が雇用を保証してくれるため、次の仕事が決まるまでの間の不安がなくなります。決まるまでの期間は派遣会社へ勤務していても、待機していても給与が支払われますが、実際にはすぐに次の仕事が紹介されることが大半です。

 

②長期的に働くことができる

本来、派遣社員は契約更新を重ねても3年以上は同じ派遣先の同一業務で働くことができません。しかし、無期契約なら同じ職場で3年以上働き続けることが可能なため、長期間働くことができます。長期間同じ職場で働くことで、キャリア形成を図ることができる点もメリットです。

 

③年齢を重ねても次の派遣先を探してくれる

多くの場合、年齢を重ねるごとに、新しい仕事先は見つかりにくくなります。もし年齢を重ねていった際に契約を打ち切られてしまった場合、次の仕事を探すのが困難になる可能性もありますが、無期雇用派遣で働く場合はこのリスクは少なくなります。無期雇用の場合、派遣社員として長期的(定年まで)働くことができるので、年齢を重ねてからのこのような不安が軽減されます。

 

無期雇用派遣のデメリット

 

無期雇用派遣のデメリットは下記が挙げられます。

 

①派遣先を選べない

無期雇用派遣の場合、雇用を保証してもらえる代わりに、派遣先の企業や、勤務地や仕事内容などを選ぶことが厳しくなります。希望通りの職場がないから、待機するということはできません。また、一定期間で様々な企業へ派遣される可能性もあります。

登録型派遣では、自分にあった仕事が選べるという点がメリットとなるため、これを重視する人は注意して下さい。

 

②自分の生活スタイルの変化に対応しづらい

基本的に無期雇用派遣はフルタイムの募集が多く、働く時間もある程度決まっています。よって働く時間や日数を変えたいと思っても変更することはできません。派遣で働きながら、自分のタイミングで長期旅行や趣味を楽しむことを重視する人は適していないかもしれません。

 

他にも、無期雇用派遣は、正社員と同様、採用選考があります。一般的に面接や書類選考があります。安定の一方、派遣社員のメリットである自由な働き方が制限される点を知っておきましょう。

 

無期雇用派遣になるには

 

5年を超えて更新している派遣会社に無期転換を申し出る

平成24年の労働契約法の改正により、同一の会社間で有期雇用契約の更新が5年を超えた場合、無期雇用に転換できるようになりました。平成2541日に成立した雇用契約が通算5年を超えた場合、有機雇用から無期雇用へ転換することも可能です。

 

②無期雇用派遣の求人に応募する

無期雇用派遣の募集へ応募すれば、採用された時点で派遣会社との雇用契約が成立します。

派遣先の企業で働きながら長期的にスキルアップを目指すことができます。

 

無期転換を申し込む権利は労働者の権利で、申し込みの決定は本人の意思で決めることができます。自分が対象となるかどうかも含め、詳細は派遣会社へご相談ください。

 

まとめ

 

無期雇用派遣についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。登録雇用派遣、無期雇用派遣ともにそれぞれメリットとデメリットがあります。選択枠のひとつなので、これらを踏まえて、ライフスタイルにあった自分らしい最適な働き方を選択しましょう。

京都税理士法人
社会保険労務士法人 江後経営
株式会社江後経営
関西経友会事業協同組合